FC2ブログ

脳内世界地図ミクロ -楡井ズム増刊号-

 
スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←『展開式螺鈿』 →【手前細工人】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



目次  3kaku_s_L.png   スポンサー広告
  • [『展開式螺鈿』]へ
  • [【手前細工人】]へ
*Edit

 
メェヘン語大辞典

【鳥座】

 ←『展開式螺鈿』 →【手前細工人】
と‐ぐら【鳥座/鳥栖/塒】

鳥のねぐら。とや。

翼を持つ者・鳥人・堕天使の一類の住居、特に下等種族のもの。(⇔玉座)
また、汚らしい室内の表現。

夕凪に鳥座から妹の声 だいぶ待たせてしまった恨みの声

(『餉になりて 紅葉のころ』)


大樹の頂きに鳥座があり、樫の枝に埋もれるようにしてパール翁が泊まっている。

(『のろわれた翼の生えた靴』)


吸引の轟音。すり潰した野草の細胞に紛れ込んだか、或いは糞尿まみれの鳥座にいるようだな。

(『蛆室』)




【た行・と】
関連記事
スポンサーサイト



目次  3kaku_s_L.png   メェヘン語大辞典
  • [『展開式螺鈿』]へ
  • [【手前細工人】]へ
*Edit ▽TB[0]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。